私は決して就職活動が順調に進んだとは言えず、毎日苦労が絶えませんでした。その理由は履歴書や面接で話すエピソードがないことでした。私の学生生活は部活はほとんどしておらず、バイトもプールの監視であまりにも平凡でした。

 

なのでエントリーシートを記入することにも一苦労し、さらに面接では深く突っ込んだ質問をされて支離滅裂になるなど散々でした。ですが、何度も面接を重ねることで次第に緊張することが減っていき、自信を持って自分の話をできるようになりました。面接を通過する回数も増えていきました。

 

ここで大切なことは自信を持つことだと気付きました。それは根拠のない虚勢であっても構いません。話してる内容はどの面接でも変わりません。それでも面接を通過できたのはなんでもない経験でもはっきりと自信満々で話す姿が面接官からの高評価に繋がったのだと思います。

 

自信を持つにはどうすれば良いかですが、具体的にはとにかく面接を受ける回数を増やすことです。私は金融業界に絞って就職活動していたので面接に慣れてきた頃にはすでに大手企業の面接に落ちていました。そうならないためにも志望度の高い企業を受ける前に他の企業で練習することが大切です。そんなに興味のない企業でもどんどんエントリーしましょう。そうすれば面接を乗り切って内定を手に入れられます。